すごい雑談

人生はアートだ

美しいものに触れるだけ美しさは増すんじゃないかと僕は思いました。

その空間はカオスだった。

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130200003j:plain

 

便器を持って来いと言われ、あるイベントに参加した。

 

もともとはある大学生の女の子の卒論発表だというそのイベントは最終的に、ブース出店があったり各々の発表があったり便器がおいてあったりというカオス的なイベントに昇華していた。

 

 

▶︎間違えてもいい雰囲気がパフォーマンスを向上させる

この空間は言ってみれば間違い探しをするまでもなく間違いだらけ。

ピエロはいるし、無造作に便器がおいてあったり、主催の女の子も完璧というには程遠い抜けているとことが沢山ある。

そんな空間だったからこそ、リラックスでき堂々と間違えられたり、不完全のまま表現ができたのではないかと思っている。

 

▶︎未完成の美

主催の女の子が集めた謎の人物達がさまざまな発表を行った。

熟練、洗練された上手な表現もいいのだけど

不完全の荒削りだからこそできる不格好で、もろく儚いその表現に心震えた。

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130202727j:plain

舞を披露した彼女は踊る前に「私自身のために踊りたい」と語ってくれた。その眼の奥には弱々しくかつ力強さを潜めていた。

 

美しかった。

 

きっと美しいものに触れれば触れる程に自分の心も美しくなるんだと思った。

 

 

▶︎言語化できないものこそ良い

「上手く言葉にはできないけど・・」イベント中何度もその言葉を聞いた。

そういうものこそ本物な気がしている。

言語なんて既存のもので数もたかが知れていてその中から自分の感情の適切な言語表現を見つけようなんていう方が難しい。

このイベントの感想をまとめようとするのが無粋といってもいいくらいに素晴らしい空間だったと思う。

 

カオスの先に本当の意味での調和があることを体感できたし、未来へのヒントが詰まってた。

 

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130223633j:plain

(この写真エロいい)

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130224237j:plain

f:id:sugoizatudan8:20170130224458p:plain

f:id:sugoizatudan8:20170130224518p:plain

f:id:sugoizatudan8:20170130224540p:plain

このイベントの基軸になった大学生へのリスペクトが増した。そんな彼女の『生存券』をこっそり購入した。彼女は生存券なんて販売していないけど笑

 

 

(これら写真は土田さん撮影)

 

 

トイレ男イベント出演依頼はsugoizatudan@gmail.com

2.27はトイレを使ったライブパフォーマンス『Silentー沈黙ー』の予定だよ