すごい雑談

人生はアートだ

【共感の嵐】一度は行っておきたい世界の絶景。

前回の記事
死にたくなった時のためにストックしておきたい世界の偉人名言集。 - すごい雑談

には、

ワロタw


及び



クッソワロタww



など、温かなコメントが寄せられた。

しかしながら、読者目線ではひとつの疑問が湧き出てくる。




で、、カヤノヒデアキって誰??




だ。


この適当な記事を書いてる人について、軽く触れておこう。


カヤノヒデアキ(27歳)独身。自称アーティスト。

・尊敬する人
・好きな食べ物
すあま、アンパンマングミ


これで大体の事は理解していただけたと思う。




一応以下に補足をする。


小さな頃の記憶はほぼ皆無。
唯一覚えているのは、ドラえもんの録画をしなかったことにたいして、母親に激怒した事くらい。

中学時代
野球部で頑張るが冴えない。

高校時代
サッカー部に入るが冴えない。

この頃にプチ起業をする。メロンパンの代理販売。高校の近所にめちゃうまなメロンパン屋があり、毎日買いに行っていた。


ある日、気付く。

一個のメロンパンのためにチャリで5分行くのもバカバカしいと。

ならば、注文をとり、割増で販売したらいいのではないかと。

当時通っていた高校は、8クラスまであったので、全て周り注文をとって、割増で売った。

このメロンパンのクオリティが高いこともあり、なかなかの繁盛具合で、自分のメロンパン代が浮く&プラスαの収益があった。

毎日行っていたので、店員のお姉さんにも顔を覚えられた。


と、この辺まで書いてくると、内心では


(ヤバイヤバイヤバイ。オチがないよ。どうしよーーーーーーー)


と思っている。


が、話しを戻し続けてみる。


だが、ある日雨が続いたり、メロンパンの味に飽きてきたので、メロンパン屋代理販売は自然廃業した。


そして、しばらく麻雀に明け暮れた冴えない高校時代を過ごした。


そんなある日、衝撃の事実を知る事になる。


それは見覚えある顔に遭遇するところから始まった。


そう、その見覚えのある顔は間違いなく、メロンパン屋の店員のお姉さんだった。

むこうもこちらに気付いたようで声をかけてくれた。



「久しぶりだね。来なくなっちゃったから学校辞めたのかと思ってたよ!」


「ん?」と思った。


心の中でリピート再生する。


「来なくなっちゃったから学校辞めたのかと思ってたよ!」


「来なくなっちゃったから学校辞めたのかと思ってたよ!」



「来なくなっちゃったから学校辞めたのかと思ってたよ!」

3回目くらいでわかった。









あ、パシリだと思われてたんだ。






まぁ、冴えないからね。。。





大学以降はまた機会があれば。


※タイトルと本文は全く関係ありません。


カヤノヒデアキ

@lifeHideaki

◆TEL

◆メール
sugoizatudan@gmail.com