すごい雑談

人生はアートだ

きんいろの村

ーきんいろの村ー

 

 

また死んだ。

 

これで今月5人目だ。男衆は狩りに出る。

 

食って行いくために、生きていくために狩りに出る。

 

しかし、時によっては獣に返り討ちにあって死んでしまうのだ。今回も身体の弱いものが犠牲になった。

 

その男の家族は彼の亡骸の横でうずくまって泣いていた。

 

他に手段は何かないのだろうか。私は狩り以外の何かを模索しながらも日々狩りに出ていた。

 

そんなある日、外の国から来たという人物に出逢った。周りの人間は彼のことを信用せず距離をとっていたが私は外の国に興味があったので積極的に彼と会話をした。彼は私に「米」という食べ物がものがあり、稲作というものがあるのだということを教えてくれた。

 

私はこれだ!と思い、次の日から狩りに行く事を辞める代わりに、土を耕しはじめた。

 

すると「お前は何をやってるのだ。サボってないで早く狩りに行け。皆もやってるのだからお前も行け」などと罵られた。

「これは稲作というもので、米というものを作っている。これができれば危険な狩りに必ずしも行かなくても良くなる。そうすれば身体が弱く狩りに向いていない者は稲作をやればいいのだ」と説いても、「そんなのできるわけがないだろう。そんなものはただの理想だ。そんなことより現実をみて狩りに行け。」と逆にそう諭されるだけだった。

 

そんなやりとりを続けるなかで、言葉で説得することは諦めて実物の米を見せるしかないのだと思うようになった。その日々が続くなかでも、また1人また1人と狩り中に命を落としてしまう。

 

土が耕し終わり遂に種まきを行った。ここまででも相当に長かった。その頃には、周りは、私を説得することを諦めて、ただのキチガイだと認識するようになった。

 

しばらくすると、自分でも驚いたが、蒔いた種から芽がでたのだ!

 

 

しかしその喜びもつかぬ間それはまもなくして枯れてしまった。

 

それを見た村人は、「ほら見ろやっぱり無理だったじゃないか。これでわかったろ早く狩りに来い」と笑うのであった。そして友人もみんな離れていった。

 

しかし、諦めるわけもなく相変わらず狩りにも行かず稲作を続けた。

 

するとある日、村人のひとりが声をかけて来た。

 

「あんたの大ホラに付き合ってやんよ。その嘘が本当になるか嘘のまま終わるか見届けてやる」そう彼は言って鍬で土を耕し始めた。

 

すると次第に手伝ってくれる人が増えていった。

 

 

そして、何年かたった時その村は、黄金の村と呼ばれるようになっていた。

 

狩りが得意な者は狩りに行き、そうではないものは稲作をするようになった。

 

 

 

 

もうその頃には稲作をサボりだという人はいなかった。

 

 

 

 

おわり

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ドキドキ選手権【中間発表】

11月1日から開催されているドキドキ選手権

ドキドキ選手権〜日本一ドキドキさせるのは誰だ!?〜

(概要:キメ顔で誰が一番ドキドキさせることができるかのオンライン上でのコンテスト)

 

 

開催期間が14日までということで、折り返しまできましので、この辺で中間発表をしてみたいと思います!

 

 

ちなみに現在26作品がエントリーされています。

(わけわからない企画にも関わらず、たくさんのご参加ありがとうございます!!)

 

 

では、上位5作品を発表します!

 

 

 

ジャラッラーラララーララッララッララーン♪

 

 

 

 

 

第5位

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161108234053j:plain

86ポイント

 

なんと女装で参戦!背景黒かったらさらに上位に行っていました!

(ヒゲは隠しているw)

 

 

 

 

第4位

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161108234149j:plain

94ポイント

 

鼻!鼻!鼻!!!

 

 

 

 

第3位

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161108234400j:plain

103ポイント

 

怖っツ!ハロウィンと合わせて投稿してくれました!

 

 

 

第2位

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161108234415j:plain

114ポイント

 

じわじわくるのか、ウケるがいっぱいついてポイントが伸びました!

 

 

 

さて、気になる第1位は、、、、、

 

 

 

 

、、、、、、、、

 

 

 

 

、、、、、

 

 

 

 

 

第1位

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161108234525j:plain

139ポイント

 

渋い!ゾンビの方と同じ人ですよ!ダブルランクイン!

色物と王道のキメ顔、両作品でエントリーしてくだいました!

 

キメると、それが格好よくもなり面白くもなるのでいいですね!

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 以上、中間発表でした。

 

 

 

 

ドキドキしましたか!?

 

ドキドキングの称号は誰の手にわたるのか!?

これを超える作品は現れるのか!?

 

 

エントリーお待ちしています。

 

 

 

・点数はFacebookイベントページへの「いいね」などの数で点数がつきます。

 

・投票するだけでも参加できるし、キメ顔をエントリーをできます!

 

 

そんな黒背景で写真撮影するなんて難しい。。。

ご安心下さい。撮影会を開催しております。

11月9日開催@神奈川県江の島

ドキドキメモリアルー撮影会ー

 

 

 

 

ー番外編ー

ランキング以外にも個人的にいいなーと思った作品です。

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161108235631j:plain

 

まず最初にエントリーしてくださった作品なんですよね。最初はやっぱり勇気もいるし、、それに背景を黒にしようと頑張った形跡が見られたところがとってもキュートでした!(ちなみにエプロンだとか!?笑)

 

 

 

コナン君!?

f:id:sugoizatudan8:20161109000213j:plain

小道具まで!コナンではなくユナンちゃんらしいです。

 

 

 

 

さて、まだまだエントリー受け付けています!

あと少しですがよろしくお願いします。

 

f:id:sugoizatudan8:20161028211310p:plain

ドキドキ選手権〜日本一ドキドキさせるのは誰だ!?〜

 

 

 

 

 

 

だから僕は職業を詐欺師にした。

 

■びっくり仰天の発見

 

初めましての人に遭遇すると、必ずといって聞かれるのが

 

「普段は何をされているのですか?」

「お仕事は何をされているんですか?」

 

という質問である。

 

その質問にはいつも困り果ててしまって、私はモゴモゴとした怪しいやつになってしまう。

時には「何もしてないです」と答えたり、「ざっくりいうとアーティストです」と答えたり様々。

 

ふとある日、びっくり仰天の発見をした。

 

 

 

僕がやりたいことは詐欺師のそれと似ている!

 

 

そしてちょうどその日にも初めましての人と出逢い、その質問はやってきた。

「お仕事は何をされているんですか?」

 

 

僕は答えた。

 

 

「詐欺師です!」

 

 

 

 

■なぜ詐欺師なのか?

世の中には、このままではヤバいよヤバいよの大合唱で、恐怖をあおって商品を売る『出川商法』がまんえいしている。

 

「30過ぎて結婚できないなんてヤバい」

「今の時代、大学くらい出ないとヤバい」

「そんな体型じゃヤバい」

 

etc....

 

ニュースなども事件ばかり取り上げ、危ない、怖い、人を信じない、みたいな方向に進んでる。

 

なんかこう僕はその逆をしたくて、「世の中捨てたもんじゃない」「生きるって楽しいかも?」「これもアリ!?」のような明るい広がりをその人の中に生みたい。

 

絶望の中で死にたいって思っている人には「生きてるといいことあるかも」と騙したいし、

 

短期的に見ると一見、超マイナスに思えるようなことでも長期的にみたらそれはgoodだと思わせるようなそういう表現がしたいと思っている。

 

例えば以前僕が行った「野口さんで野口くんを救え」はまさにその典型的なものになった。

もしも野口くんがお金をスラれただけで終わっていたら、野口くんはそのスリを憎み、世の中における信頼は落ちていただろう。けどこの結果から、たくさんの人の優しさに触れて価値観はポジティブな方へ広がっただろうし、企画に参加した人、眺めていた人も「世の中捨てたもんじゃない」と感じてくれたようだ。

 

 

世の中のすべての事は誰かの嘘でできあがっているような気がしていて、どうせなら優しい嘘を嘘をつきたいし、その嘘を通したい。

 

 

■有名なあの人も泥棒である

 

詐欺師と聞くと非常にイメージが悪いけど、有名なあの泥棒のイメージはどうだろうか?

ルパン三世である。イメージ悪いどころかむしろ人気者で、僕も彼の事が大好きである。

 

僕の尊敬している人を挙げると

ルパン三世』「シティーハンターのサエバリョウ』『銀魂坂田銀時』とオールアニメキャラな訳だけど

 

ルパン→泥棒

サエバ→スイーパー(裏社会の掃除屋)

銀時→ほぼニートの何でも屋

 

という随分と偏りのある面子。どの職業も世間一般では良しとされないものばかり。でもだからこそそれが彼らのキャラクターを引き立たせ魅力的に映す。そんなところに僕は格好良さをみてしまっているので、真っ当な生き方はどうもできそうにない。

 

いい人的なポジションでは僕は動きづらくて、むしろしょうもないクズ的なポジションの方が動きやすいし性にあっている。

 

そんなわけで職業:詐欺師カヤノヒデアキよろしくお願いします。

 

 

------------------------------

 

そんな訳のわからない詐欺師のやっているSNSなんて絶対にフォローしないでください。絶対にダメです。騙されます。ダメです。

え?すごい雑談の読者登録?問題外です

 

 

・Facebook友達申請&フォローはお気軽に

 

Twitter

 

・インスタ:hide3712 

 

 

これが熱い!!!

f:id:sugoizatudan8:20161028211310p:plain

ドキドキ選手権〜日本一ドキドキさせるのは誰だ!?〜

 

 

 

 

 

 

【お〜い、かに先生。】第1話 -釣った魚にも餌をあげよう-

f:id:sugoizatudan8:20161020065826j:image

 

これは描写とかがめんどくさいので基本会話のみで進行していくタイプの超純恋愛ギャグ物語である。

 

 

1話【釣った魚にもちゃんと餌をあげよう】

 

(物語は突然始まる)

 

新任先生「えー、今日からこの学校で授業を受け持つことになった『かに』です。

よろしく。軽く自己紹介をしておくと、水瓶座です。よろしく。」

 

 

男子生徒「いや、軽くって軽過ぎだからね!しかも、水瓶座って何なの!?かになのに紛らわしいわぁぁぁぁぁぁ!」

 

 

「ぎゃーぎゃーうるせーなー、発情期ですか?このヤロー!」

「いや、しかし、いいねー、このアニメでは散々散らかしていくから、今日から君はツッコミだけしてればいいから。勉強とかしなくていいからね、うん」

 

 

「アニメってどゆこと!?っていうかいきなりツッコミに任命されたし、の前に、、そのルックス何!!??」

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161020212214j:plain

 

「だからわかりやすくさぁ「かに」って言ってるじゃない。ちなにCV:杉本智知ね。ところで君、名前は?」

 

 

「CVってアニメ意識し過ぎ!!え、えっと杉浦です。」

 

 

「あーーー、じゃあメガネ君ね。」

 

 

「いや、メガネなんてかけてねーーし!どうしてそうなった!?目どこについてるんすか!?」

 

 

「いやほら、ここだよ、結構分かりやすいと思うんだけど」

 

f:id:sugoizatudan8:20161020212250j:plain

 

 

 

「そーじゃなくて。。。もぉー。。。ところで先生の担当科目って何なんですか?」

 

 

「あー、そうだったね、まだ科目を言ってなかった。それはだな、、」

 

 

 

 

 

 

「暗殺だよ!!!」

 

 

 

 

 

「なんか、それ黄色くてうにょうにょしたマンガですよね!?丸パクリですよね!?黄色い生命体がよくわかんないカニになっただけですよねぇぇ!?」

 

 

 

女生徒「さっきから黙って聞いてれば、しゃべり過ぎだろ、はやくヒロイン登場させろよコラ!アル!」

 

 

「さ、さくらちゃん、、? 語尾の”アル”おかしくない?そんなキャラだっけ?さくらちゃん、もっと大人しい感じのキャラだったじゃん。語尾にアルとかつけなかったじゃん。」

 

 

「キャラチェンだよ!こっちだっていろいろと事情があんだよ!お前だってツッコミメガネにキャラチェンして人のこと言えんのか!コラぁ?アル!」

 

 

「まぁまぁそう怒るなよ、マチルダ」

 

 

(!?)(!?)

 

 

「マチルダじゃなくて、さくらアル」

 

 

 

「大丈夫、大丈夫ほら怖くない、、」

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161020061609p:plain

 

 

 

「あ、マチルダだったアル。」

 

 

 

「えーーーーー!どゆこと!?さくらちゃん、マチルダでいいの!?」

 

 

「人間の名前なんてただの記号で、大事なのは中身だろ!!!そうだろ?ブライト!」

 

 

(もう、よくわからん)

 

 

「ゴホン、、あ、それと、受け持ち科目が暗殺というのは冗談で・・」

 

 

「ウソかよ!!!」「ウソかよ!!!」

 

 

「担当科目は・・」

 

 

 

 

「JOYだ!」

 

 

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161020061727j:plain

 

 

これでもなく

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161020061756j:plain

 

 

これでもなく

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161020061857p:plain

 

「このJOYだ!!」

 

 

 

「いや、全然意味わかんないんすけど。。。」

 

 

「ほら、あれだろ?大人になって大事なことって、数学とか理科とかより、人生いかに楽しくするかじゃんか。その極意を君達に伝えようとやってきたわけだ。」

 

 

(確かに、、急になんかまともな事言ってる。この人ただ者じゃないのかも)

 

 

「まぁあれだ、校長先生には国語ってことになってるから、そこはよろしく頼むよ。」

 

 

「勝手にやってるんかいーーっ!」

 

 

「勝手にやってるのバレたら首飛んじゃうんだからね、先生の。首ないけど。」

(上図参考)

 

「おっと、そうこうしてる間にもう授業が終わっちまうなぁ、じゃあみんな早速バガボンドの7巻だして〜」

 

 

「持ってるわけないでしょ!なにサラッと、さも当たり前に持ってるでしょ!?的なノリで話進めてんの!?」

 

 

「何だよ、持ってきてないのかよ、絶対に読んだ方がいいよぉ、バガボンドは。」

 

 

「しょうがないなぁ、じゃあ、みんなミカンだして〜」

 

 

「いや、もっと持ってないわっ!!」

 

 

「なんだよー、ミカンも持ってないのぉ?最近の子は本当にだらしがないんだから。」

「じゃあ、今日は特別に先生の貸してあげるから」

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161020062104j:plain

 

 

「どっから出したし!その大量のミカン」

 

 

「じゃあ、そのミカンに将来の夢と名前書いてね。それでなんとなくみんなの事をちょっとずつ知っていくから。」

 

 

生徒一同(書き書き書き書き)

 

 

キンコンカンコーン♪キンコンカンコーン♪(チャイム)

 

(夢なんてないなー、とりあえず俳優とでもしておこう)

 

 

 

「はい、じゃあ、そこまで。後ろの席から前に送ってー」

 

 

「じゃあ次から本格的に《JOY》の授業に入っていくからそのつもりで」

 

 

 

(ガラガラ)かに先生退出

 

 

(!)

 

 

(あっ!先生自分の分のミカン忘れてる。先生もなんか書いてたもんな。これ見たらちょっと先生のことわかるかも)

 

 

チラッ

 

 

 

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161020061319j:plain

 

 

 

(・・・・・・・・・・・・・・・・)

 

(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)

 

_| ̄|○ 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こうして、謎の新任の先生「かに先生」が表れ、謎にツッコミを任され、謎にクラスのアイドルさくらちゃんは語尾がアルに、そしてマチルダになった。この先僕の学園生活はどうなってしまうのだろか。でも心のどこかでJOYの授業がどんなものか気になってもいる。

ーつづく?ー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

えーと、某ジャンプコミックスのマンガとは一切関係ありません。

 

 

 

 

Twitterを覗く

人類はまだ便器の可能性を知らない

それは退屈な日常とのお別れを告げに来た。

やたら拡散されている。

もちろん捨てたわけではない。

 

日常の延長線上には想定できないことに出くわすと脳はハッとする。
これは、先日の「江の島×toilet」の様子、三連休でもあったために江の島がざわついた。

 

f:id:sugoizatudan8:20161013022100j:plain

 

 

 

人生初の体験は己を拡張させる

 

これまでの人生において他者が便器に座っている図を見たことがあるだろうか?

「ない」と答える人が大半でしょう。

そして、自分が便器に座っているのを不特定多数の人に見られたことがあるだろうか?

「断固としてない」と答える人が大半でしょう。

 

なぜなら普通はそれぞれ個室になっているからね。

 

子どもの頃は新しい経験、新しい景色が溢れていて、自分というものを拡張してくれた。

しかし大人になると人生においての初体験の機会は格段に減少する。

 

人は初めての経験と同時に、はじめましての自分と遭遇する

 

他者が便器に座っている光景、またその逆の体験は己を拡張させる。

 

 

 

流動的に起きる連鎖

 

便器をおいておくと覗き込む人が多い。

 

 

f:id:sugoizatudan8:20160125191308j:plain

 

なので毎回中には仕掛けを用意しているのだけど、

 

中に「TAKE FREE」と書いてお菓子(ちんすこう)をおいたことがある。

 

覗き見るも、便器の中に手をいれることを躊躇する人が多かった。

 

しかし次第に素直に取っていく人が現れた。

 

次には自分の持っていたお菓子と交換する人も現れた。

 

次にはお菓子と小銭を交換する人が現れた。

 

すると、次には中に小銭入っていたのに気付くと、自分の財布から小銭を投げ入れ、パンパンと手を叩き、手を合わせ、お願い事をする人が現れたw

 

 

このように他者が行った行為がその先に起こることに影響を与えるような流動的な連鎖が起こった。

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161013022203j:plain

inシンガポール

 

 

 

表現者と鑑賞者の垣根をなくす


僕は芸術作品が偉そうに美術館に佇んでいるのはあまり好きじゃない。

もっとパブリックにある方がいいと思っている。偉そうに佇んでいるから芸術への敷居をつくり、『私とは関係のない物』に仕立てあげる。そのため興味のない人はお金を払ってまで美術館になんて行かないし、一部の人が楽しむだけのものになっている。

美術館に足を運ばないのであれば、アート自らが押し寄せていったらいい。

 

便器が置かれた空間そのものをアート空間に、そして周囲の人も含めたアートである。

その場に居合わせた人は自分自身がアートの一部であると同時に、その世界を創りあげる表現者になる。

 

僕は美大も出ていないし、芸術を教わったこともない普通の人間なのだけど、その普通の人間がやるからこそアートをより身近にする。

 

きっと本来は誰だって表現者なんじゃないだろうか。

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161013022730j:plain

 

 

f:id:sugoizatudan8:20161013024136j:plain

inカンボジア 

 

 

 

 

人類はまだ便器の可能性を知らない。

 

 

 

 

おわり

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

現在実施中のあれこれ

・ウヒウヒ超会議

・10min's

 

10.17新しい試みリリース予定!!