読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごい雑談

人生はアートだ

これが私の精一杯の優しさです。

 

3時間57分

 

 

 

ハーフマラソンを走り終えるのに要した時間だ。

 

と同時に人生を無駄にした時間でもある。

 

ーーーーーーーー

 

それは『カヤノヒデアキの乱』と題し、

ダッチワイフをおんぶしてマラソンに挑戦するといった完全に乱れた企画だった。

 

当初フルマラソンを予定していたこの企画だが、風邪をひいているのと、練習でどうしても2キロでバテることから半分にした。

 

結論からいうとその変更は大正解で、半分の折り返し10キロポイントでもうすでに限界だった。そして、人の目を気にしないための最前のトレーニングだ!これは!と思った。

 

 

 

 

・意味はないという意味、意味がないという価値

この乱れた企画には意味はない。

 

逆に、世の中には意味のあるもので溢れている。例えば鉛筆は書くため、コップは水を飲むためなどなど。

昔、友人のウェディングパーティーに参加した際、ある著名人からのビデオレターがあり、その画面の中の人物は言った。「なんのために結婚したのかを忘れることなく・・・」細部までは覚えていないがそのようなニュアンスだった。

あぁついに恋までも目的や意味に浸食されてしまったのか。その時そのように感じたのを今でも覚えている。

 

幼稚園までは意味なく砂のお城を作っていたり、意味なく走り回っていたのに、ランドセルを背負い始めた時点から答えのある世界、意味に溢れた世界に没入していく。さらに大人になるにつれ、さらに埋没していく。

 

そして、あの頃はよっかたよなぁとか呟いてしまう。

その果てに、生きている意味は何なのだろか?と生きることさえも意味、正解を求めてしまう。

 

生きる意味は何なのか。と脳味噌をグルグルさせるよりも、全身を使って生きている実感をつかみ取りに行く方がよっぽど健全だ。

走りながら生きている実感を痛烈に感じながら思った。

 

先にも述べたように、世の中には意味のあるもので溢れている。故に、ダイヤモンドが価値があるのと同じように、意味がないものこそ希少でより価値があるのではないかと思う。

 

 

 

・シンパシー感じちゃう

 

折り返しポイントの10キロ地点で僕は体力的に完全に疲弊していた。

 

すると、どこからともなくドラムを叩く音が聞こえて来て、辺りを見回すと、高架下でドラムセットで演奏するひとりの男性の姿が見えた。

 

誰に評価されるでもなく、たったひとりでそこで演奏する彼に勝手にシンパシーを感じた。さらにはそのドラムの音がまるで疲弊した僕への応援歌のように感じ、また走り出す事ができた。

さらには、川沿いの土手に一本だけ生えている『つくし』を見つけた。本当に一本だけで辺りには何故かそれ以外のつくしは生えていなかった。その姿にもまた勝手にシンパシーを感じて嬉しい気持ちになった。

あぁ天はちゃんと僕のことを見ているのだと勝手に再認識した。

 

 

 

・人生、即、芸術

 

岡本太郎氏の言葉だ。「人生、即芸術」僕なりにその続きを付け足したい。

 

       人生、即、芸術。

       芸術、即、政治。

       政治、即、やさしさ。

 

芸術は正しさの世界から逸脱できる力がある。正しさを求めるなら、ピカソの絵のように人の顔は歪んでいないからだ。正しさや◯か×を超越している世界観をもつ芸術が、世の中を拡張してきたように思うし、それは政治のようでもある。

そのような政治は優しさを多いに含んでいるように思う。

 

この企画のような意味のない表現活動は僕にとっての全社会に対する精一杯の優しさなのかもしれない。

 

 

・最後に

道中、職務質問されるかもしれないなと思っていた。

しかし、結果的に警察が横を通るにも素通りだった。

 

僕は日常的に職質される。ただ居ただけなのにも関わらず。

それが今回はどうだ?ダッチワイフを背負って走っているんだぞ。

 

 

完全におかしい。。笑

 

 

 

 

・最後の最後に

 

今回の企画にあたり、再度僕にスイッチをいれてくれたSちゃん

金銭的余裕のないなかでダッチワイフ買ってもいいといってくれたMさん

このような変な人間を面白がってくれて応援してくれるHさん

 

ありがとうございます!

f:id:sugoizatudan8:20170312200905j:image

 

 

 

 

 

美しいものに触れるだけ美しさは増すんじゃないかと僕は思いました。

その空間はカオスだった。

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130200003j:plain

 

便器を持って来いと言われ、あるイベントに参加した。

 

もともとはある大学生の女の子の卒論発表だというそのイベントは最終的に、ブース出店があったり各々の発表があったり便器がおいてあったりというカオス的なイベントに昇華していた。

 

 

▶︎間違えてもいい雰囲気がパフォーマンスを向上させる

この空間は言ってみれば間違い探しをするまでもなく間違いだらけ。

ピエロはいるし、無造作に便器がおいてあったり、主催の女の子も完璧というには程遠い抜けているとことが沢山ある。

そんな空間だったからこそ、リラックスでき堂々と間違えられたり、不完全のまま表現ができたのではないかと思っている。

 

▶︎未完成の美

主催の女の子が集めた謎の人物達がさまざまな発表を行った。

熟練、洗練された上手な表現もいいのだけど

不完全の荒削りだからこそできる不格好で、もろく儚いその表現に心震えた。

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130202727j:plain

舞を披露した彼女は踊る前に「私自身のために踊りたい」と語ってくれた。その眼の奥には弱々しくかつ力強さを潜めていた。

 

美しかった。

 

きっと美しいものに触れれば触れる程に自分の心も美しくなるんだと思った。

 

 

▶︎言語化できないものこそ良い

「上手く言葉にはできないけど・・」イベント中何度もその言葉を聞いた。

そういうものこそ本物な気がしている。

言語なんて既存のもので数もたかが知れていてその中から自分の感情の適切な言語表現を見つけようなんていう方が難しい。

このイベントの感想をまとめようとするのが無粋といってもいいくらいに素晴らしい空間だったと思う。

 

カオスの先に本当の意味での調和があることを体感できたし、未来へのヒントが詰まってた。

 

 

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130223633j:plain

(この写真エロいい)

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170130224237j:plain

f:id:sugoizatudan8:20170130224458p:plain

f:id:sugoizatudan8:20170130224518p:plain

f:id:sugoizatudan8:20170130224540p:plain

このイベントの基軸になった大学生へのリスペクトが増した。そんな彼女の『生存券』をこっそり購入した。彼女は生存券なんて販売していないけど笑

 

 

(これら写真は土田さん撮影)

 

 

トイレ男イベント出演依頼はsugoizatudan@gmail.com

2.27はトイレを使ったライブパフォーマンス『Silentー沈黙ー』の予定だよ

 

お金の奴隷宣言。

ニシノアキヒロ氏が炎上している。

 

そのワケはこれである。

 

lineblog.me

 

これについての言及は皆さんにお任せすることにして

 

 

私は逆に

 

お金の奴隷宣言をしようと思います!!!

 

f:id:sugoizatudan8:20170120023245j:plain

 

 

私は0円貴族と名乗り『生存券』というチケットを販売するという試みをした。結果的に生存券は月に8万ほど売れるという結果になった。

お金がなくてもやっていける。お金がないなかでどう表現するするかというのは今までやってきた。

 

お金が”ない”というのは大学を中退してから約8年くらい体験したので、今度は逆にお金が”ある”というのを体験してみたい。

お金を使ってのスケール、規模感を体験したい。

 

 

トイレアートの写真集も作りたいし、

アートでは飯は食えないというところにも侵入したい

巨乳専門の下着作りもしたい

好きな子に美味しいご飯を食べさせてあげたい

何よりも面白い若者にお金をあげたい

 

 

ひとまず100万円を目処にお金の奴隷になってみようと思う。

0円貴族も一部続けていきます!

 

つまり、0円貴族でありながら100万奴隷でもあるということです笑

 

100万到達までのアイデア随時発表していきます。

 

奴隷万歳ー!!

 

 

広告を非表示にする

【生理記念日】記念日さえも新しくつくる。

この『生理記念日』というものの存在は女性から圧倒的支持を得ている。

 

最初に生理記念日というものを発表した時は、

「生理記念日なんて気持ち悪い」という気持ちの悪そうな男性からコメントがついたのだけど間違いなくこの男性はモテない。

 

 

さて、生理記念日ってなに?

 

知らない人も多いだろうから説明しよう。

 

 

男性は体験したことがないけど、女性には生理という現象が月に1度訪れる。

 

痛みを伴ったり、気分が憂鬱になったりと大変なのだそうだ。

 

 

そこで、逆にその憂鬱をお祝いしてしまおうと考えた。

 

大切な人が生理になった時にケーキを買ってあげたり、花を買ってあげたりしようというもの。

 

f:id:sugoizatudan8:20170119211029j:image

(ちょっと崩れてちゃったw)

 

 

 

それにより、

 

「あ、何だか私大切にされている気がする?」

 

と勘違い?させることができる。

 

そして、女性にしかわからない悩みに寄り添ってあげてますよ感を出すことができる。

 

 

生理記念日とは、いわば

 

 

”生理というただの憂鬱でしかないをちょっと大切にしてもらえるいい日に変えることができる魔法なのだ。”

 

 

f:id:sugoizatudan8:20170119204334j:plain

 

 

そして、女性の気持ちを安定させることによって、生理のイライラからくるとばっちりをも回避ができる。

 

そのコストはなんと¥500程度なのだから驚き。。

 

さらに、、、

 

ケーキ屋さんやお花屋さんにもお金が落ちるという、誰もが幸せに一歩近づくプロジェクトなのだ。

 

 

話は0.03ミリくらい変わるけど、

 

 

先日ある女性が

「彼氏がしてくれることがことごとく嬉しくなくて、まるで私を見ているようで見ていなくて、女性という概念を見ているようだ」

 

と話してくれた。

 

世の中には、『こうしたら女性は喜ぶんだ』みたいなものに溢れていて、教科書で習ったことをそのまま実践してしまうから相手に届きにくいのだろう。

 

目の前にいるのは”女性”ではなく、ひとりの人間だ。

 

 

 

モテ本にある事をマネをしても仕方ないのだ。

 

生理記念日は本当にいいものなのだと思っているからぜひ広まって欲しい。ただ矛盾するようだけどこの生理記念日をただマネしてやってもしょうがない。

 

 

 

大切なのは気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

おわり・・・・

 

 

▼▼▼

Twitterで書いた人をフォローする

 

 

あとこれ面白かった!

 

omocoro.jp

きんいろの村

ーきんいろの村ー

 

 

また死んだ。

 

これで今月5人目だ。男衆は狩りに出る。

 

食って行いくために、生きていくために狩りに出る。

 

しかし、時によっては獣に返り討ちにあって死んでしまうのだ。今回も身体の弱いものが犠牲になった。

 

その男の家族は彼の亡骸の横でうずくまって泣いていた。

 

他に手段は何かないのだろうか。私は狩り以外の何かを模索しながらも日々狩りに出ていた。

 

そんなある日、外の国から来たという人物に出逢った。周りの人間は彼のことを信用せず距離をとっていたが私は外の国に興味があったので積極的に彼と会話をした。彼は私に「米」という食べ物がものがあり、稲作というものがあるのだということを教えてくれた。

 

私はこれだ!と思い、次の日から狩りに行く事を辞める代わりに、土を耕しはじめた。

 

すると「お前は何をやってるのだ。サボってないで早く狩りに行け。皆もやってるのだからお前も行け」などと罵られた。

「これは稲作というもので、米というものを作っている。これができれば危険な狩りに必ずしも行かなくても良くなる。そうすれば身体が弱く狩りに向いていない者は稲作をやればいいのだ」と説いても、「そんなのできるわけがないだろう。そんなものはただの理想だ。そんなことより現実をみて狩りに行け。」と逆にそう諭されるだけだった。

 

そんなやりとりを続けるなかで、言葉で説得することは諦めて実物の米を見せるしかないのだと思うようになった。その日々が続くなかでも、また1人また1人と狩り中に命を落としてしまう。

 

土が耕し終わり遂に種まきを行った。ここまででも相当に長かった。その頃には、周りは、私を説得することを諦めて、ただのキチガイだと認識するようになった。

 

しばらくすると、自分でも驚いたが、蒔いた種から芽がでたのだ!

 

 

しかしその喜びもつかぬ間それはまもなくして枯れてしまった。

 

それを見た村人は、「ほら見ろやっぱり無理だったじゃないか。これでわかったろ早く狩りに来い」と笑うのであった。そして友人もみんな離れていった。

 

しかし、諦めるわけもなく相変わらず狩りにも行かず稲作を続けた。

 

するとある日、村人のひとりが声をかけて来た。

 

「あんたの大ホラに付き合ってやんよ。その嘘が本当になるか嘘のまま終わるか見届けてやる」そう彼は言って鍬で土を耕し始めた。

 

すると次第に手伝ってくれる人が増えていった。

 

 

そして、何年かたった時その村は、黄金の村と呼ばれるようになっていた。

 

狩りが得意な者は狩りに行き、そうではないものは稲作をするようになった。

 

 

 

 

もうその頃には稲作をサボりだという人はいなかった。

 

 

 

 

おわり

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

広告を非表示にする